みなさんこんにちは。
 9月1日、今日から新学期が始まります。
 夏休みは終わりましたが、夏の暑さはまだまだ続きそうです。
 そして……プロ野球の順位争いも、
 だいぶ熱いことになっているみたいです。
「ほら言ったじゃん……!
 巨人はどんなに調子が悪そうに見えても
 最終的に謎の力で上がってくるって言ったじゃん……!」
「謎の力とは失礼しちゃうわね。
 投打の噛み合った実力以外のなにものでもなくってよ?」
 浜愛先輩が頭を抱えている横で、
 美羽璃先輩がとてもいい笑顔を浮かべています。
「なんや、下界ではCS争いが白熱しとるらしいなあ。
 ウチは優勝争いに必死でようわからんけどー!
 だーっはっはっはっはっはっは!」
 プロ野球にとって、9月頃が一番大切な時期だという話は
 前々から聞いていました。そしてどうやらその通り、
 部室がとても賑やかなことになっています。
「しかも今日菅野とか……
 菅野当ててくるとかズルいよ美羽璃……」
「ズルいも何も、れっきとした戦略よ。
 けど、私としては坂本様の調子が気になるのよね……」
「坂本……調子、悪いよね……」
「つばめ先輩! いたんですか!?」
「いたわよ……ごめんなさいね、
 生命力だけじゃなくて存在感まで薄くて……」
「いえ、あの、こちらこそ気付かなくてすみません……」
 つばめ先輩と最後に会ったのは先週の夏祭りでしたが、
 その時からまた包帯が増えていますね……。
「今日は平気なん? その……昨日までの3連戦、
 ウチがホームでついつい3タテしてもーたけど」
「ふへへへへへ……平気……平気よ……
 この前、遥ちゃんには話したけれど……
 ここまで弱いと、もう何もかもが許せてしまうの……
 開き直りを超越して、慈愛の心に満ちてしまうの……」
「つばめが聖母になっちゃったってこと……?
 つまり、マリア様は贔屓球団の低迷から誕生する説が……」
「マリア様にしては顔色が悪すぎないかしら……」
「今日負ければCSの可能性が完全消滅……
 そして5位の中日とは11.5ゲーム差……
 今のヤクルトファンの楽しみは、
 バレンティンと山田があとどれだけ
 ホームランを打つかどうか……それだけ……
 ふへへへへへ……げほっ、ごほっ……!」
「と、とにかく、聖母と化したつばめの言うとおり、
 坂本様の調子があまりよろしくないのよ」
「おお、強引に話題戻しよった」
「8月の打率が2割前半まで落ちてしまって……
 でも、坂本様ならきっと大丈夫。私は信じているわ。
 坂本様の復活なくして、巨人のCS進出はあり得ないもの!」
「ヤダよー……それ絶対フラグだよー……
 今日からのハマスタ3連戦で目ぇ覚めちゃうやつだよー……」
「なんでも、横浜は昔から不調な選手を
 復調させてくれることから、
 横浜クリニックと呼ばれていたらしいわね」
「ウチはもう病院じゃなーい!!」
「ふふっ。治療費ならいくらでも用意するわ。
 坂本様の治療、よろしくお願いね」
「やー、二人が楽しそーにしてんの見とると、
 なんや羨ましくなるなぁ……」
「は……?」
 み、美羽璃先輩、それはお嬢様にあるまじきフェイスです……!
「さっきも言うたけど、ウチはもう
 3位争いを卒業してしもたからなー」
「なによ、ちょっと調子が良いからって
 すぐ上から目線になって……」
「というかまだ射程圏内だし!
 5.5なんてすぐだよすぐ!」
「確かにそうやな、広島との5.5差なんて
 あっちゅう間に縮まってしまうやろなぁ……!」
「ところで……虎々奈ちゃん……
 結局、夏休みの宿題は終わったの……?」
 時間にすると3秒くらいでしょうか。
 とても静かな時間が流れました。
「やー、今日から甲子園で中日戦かー。
 ここ取りこぼしたらアカンなぁ」
「中日戦は置いておいて、夏休みの宿題は?」
「……ははは」
「まさかとは思うけど、そっちを取りこぼしたりしてないわよね?」
「いや、その……広島を追っかけんのに忙しゅうて、
 それどころやなかったと言いますか……」
「虎々奈先輩……?」
「これは問題だね……それも虎々奈一人の問題じゃなくて、
 プロ野球愛好会を巻き込む大問題だよ」
「そうね……部員に成績の悪い生徒がいるとなると、
 プロ野球愛好会の品位が疑われてしまうものね……」
「そ、そんな大げさな話ちゃうやろ……?」
「もしかしたら……部室……取り上げられちゃうかも……?」
「それはアカーーン!!」
「なら、今すぐ帰って宿題しなさいよね。
 幸いにも明日明後日と土日休みなんだから」
「くぅうう……なんちゅう苦渋の決断や……
 継投を任された投手コーチの気持ちがよう分かる……」
「継投って悩むことなの? 困ったらマシソンでいいじゃない」
「よーしやったるわ! 見とけよお前ら!
 ウチが部室に戻ってくる頃には
 阪神が首位に返り咲いとるからなー!」
 なんとも大胆な啖呵を切って、
 虎々奈先輩が部室を飛び出して行ったのですが……
 それはつまり、どんなに阪神の調子が良くても、
 最低一週間はかかるということでは……
「あーお願いします野球の神様仏様ロペス様……
 せめて1勝、あわよくば2勝させてください……できれば3連勝……
「予定だと菅野、はた……はたけ? とマイコラスなのね。
 ふふ、これなら3連勝も充分あり得るじゃない♪」
「来週……部室で二人が会うときには……
 順位が、入れ替わってるかも……?」
「うわーーーーん! そんなのイヤだーーーー!!!」
 なんだか私も楽しみになってきました。
 浜愛先輩と美羽璃先輩、来週の部室で
 笑っているのはどちらでしょうか……!