みなさんこんばんは。
 長く続いた曇りがちな日々もようやく終わって、
 夏らしい日差しが戻ってきました。
 私の愛する甲子園は花咲徳栄の勝利に終わり、
 埼玉県勢初優勝という結果になりました。おめでとうございます!
 さて、今日は駅前で待ち合わせをして、
 神社の夏祭りにやって来ました。
「うーん、年々賑やかになってる気がする!
 まるで今のハマスタみたい!」
「浜愛先輩、今日はとてもテンションが高いですね」
「そらそーやろ、あんなマンガでもやらんよーな
 奇跡的な勝ち方しとったらな」
「みんな見てた!? 首位広島に3試合連続サヨナラ勝ち!
 私3日連続テレビの前で叫んじゃったよー!」
「おめでとう……浜愛……」
「ありがとーつばめー!」
 つばめ先輩に抱きつく浜愛先輩を、虎々奈先輩と美羽璃先輩が
 苦虫を噛みつぶしたような目で見ています。
「確かに凄かったけど、巨人ファンの私が
 素直に祝福できるかと言うと……」
「引き離したと思っても気付いたら
 すぐ後ろにおるんやから、ホンマ怖いチームやで……」
 今の二人にとっては、
 確かに嬉しいニュースでないことは確かですね。
「それにしても、本当にすごい人ですね」
「だね。もしはぐれちゃったら、
 この鳥居の下に集合ってことで」
「美羽璃、迷子にならんよーに手ぇつないだろか?」
「余計なお世話よ!」
 先輩方の中で、一人だけ浴衣姿の美羽璃先輩。
 虎々奈先輩にからかわれて、ほっぺを膨らましています。
「美羽璃先輩、そのオレンジ色の浴衣、
 とってもお似合いですね」
「あら、ありがとう遥さん。
 せっかくのお祭りなんだから、風情のある服装をと思って」
「虎のマークがバーンと印刷されたハッピでええなら、
 今からでも家に取りに戻るで?」
「絶対にやめて」
「私もレプリカユニフォームならいっぱいあるけど、
 浴衣は一着もないんだよねー」
「あなたたち……仮にも花の女子高生なら
 もう少しオシャレに気を遣いなさいよ」
「ユニフォームに合わせるファッションを
 意識しろってこと?」
「……今のは忘れてちょうだい」
「うぷ……人、多い……酔いそう……」
「つばめ先輩、大丈夫ですか?」
「大丈夫……大丈夫よ、遥ちゃん……
 心配してくれてありがとう……」
 青白い顔をしたつばめ先輩がふらついていたので、
 思わず肩で支えてしまいました。
「あまり無理はしないでくださいね。
 今は、その、ヤクルトが……」
「ふ……ふふ……ふへへへへへへへ……!」
 ああ……私の発言がまずかったのか、
 つばめ先輩が急に壊れてしまいました……。
「平気よ遥ちゃん……野球ファンっていうのはね……
 あのくらい圧倒的大差がつくと、
 もう何もかもがどうでも良くなって、悟りの境地に達するの……」
「さ、悟り……ですか?」
「いい感じに諦めがつく、とも言うわね……
 だからこそ、開き直って外にも出られるように……
 げほげほっ、ごほっ……!」
 果たしてそれは、喜んでいいことなのでしょうか……。
「さて、まず食べ物からいく?」
「せやなー、腹ごしらえしてから
 射的に輪投げに金魚すくい行ったろー!」
「わたがし、たこ焼き、チョコバナナ……
 ふふっ、楽しみだわ」
「度会、青柳、畠山……?」
「いや、言ってないわよ……最後にいたっては
 一文字もあってないし」
「ごめんなさい、幻聴かしら……でもほら、
 ウチの畠山って、お祭りの食べ物が似合うと思わない……?」
「畠山……って、あの太った人よね? 山賊みたいな」
「確かに……ねじりハチマキにひょっとこのお面斜めに被って、
 いか焼き両手に頬張ってる姿が容易に想像できるで……」
「ていうかもう、お祭りに限らず食べ物全般
 なんでもござれだよね、畠山なら」
 畠山さん、今ごろくしゃみを連発していても
 おかしくないくらい噂されています。
「お祭りの屋台ってどれも目移りしちゃうけど……
 さて、どうしようかな……!」
 遠くの方から祭り囃子が響く雑踏の中で、
 所狭しと並べられた屋台を見つめながら
 浜愛先輩が真剣に悩んでいます。
「おこづかいと相談しつつ……それでいて、
 お腹に優しい食べ物……ないかしら……」
「先発を焼きそばに任せるとなると、
 たこ焼きが中継ぎに回って……抑えがかき氷?
 それ平気かな? 私のお腹が崩壊しないかな?」
「アカン、ウチの食べたいたこ焼きもいか焼きもお好み焼きも、
 全部パワーピッチ系や……緩急挟まんとエラいことになるで!」
「さっきからなんの話をしているの……?
 私はまずわたがしが食べたいわ」
「いやいやいや! わたがしって絶対先発適正ないでしょ!
 そんなんで大丈夫なの!? 田原が先発するようなものだよ!?」
「ちょっとくらいの配置転換は大丈夫よ……!
 というか、いちいち野球に喩えるのはやめて!」
 ベイスターズに良いことがあったからか、
 浜愛先輩のテンションがいつもより高い気がします。
 たまにはこういうのも、賑やかでいいかもしれませんね。
 さあ、私もいっぱい食べますよ。先発は焼きとうもろこしです!